読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dramaticlife-japan’s blog

ドラマティック・ライフは、「自己啓発セミナー」×「レイキ」の教えを融合させたオリジナルセミナーを定期的に開催しています。

人が旅をするのは…

 

f:id:dramaticlife-japan:20150529235455j:plain

【人が旅をするのは、目的地に到着するためではなく、旅をするためである。】

ドイツの文豪ゲーテの言葉です。

シンプルな言葉ですが、ちょっとハッとされられました!

 

昨日に引き続き、実話に基づいた映画のお話をしようと思います。

ゲーテの恋 ~君に捧ぐ」


サブタイトルに「若きウェルテルの悩み」とあるように、

この悲恋の体験があったからこそ、

『若きウェルテルの悩み』という名作が誕生するんですね。

 

で、この本は1774年に発行されるとすぐに大ブームとなり、
主人公のウェルテルに共感した若い人たちが
服装はもちろん、
自殺までマネをするという現象が起きたんだそうです。

そのため、いくつかの国では発行禁止になったとか…??!!

ただ、この映画の中で、私が興味深く感じたことは、

これほどまでの才能を持ったゲーテであっても、

無名の頃に原稿を送った出版社からは、

「才能がない」と言われ断られていたことと、

 

ゲーテのお父さんも、

「詩など書いてないで、ちゃんと勉強しろ!」

なんて言う、とっても "普通" のお父さんだったことです!!


つまり、自分のしたいことや夢に対して、

必ずしも皆が応援してくれる訳ではないですし、

"その道のプロ" って言ってる人からの意見も

大して当てにならないってことです!

なので、自分の心に正直に生きること、

そのことが大事なんだと

改めて教えてもらいました。

 

【人が旅をするのは、目的地に到着するためではなく、旅をするためである。】

 

第1回 ドラマティック・セミナー開催が決まりました。

 

ゲーテの恋 ?君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」? [DVD]

ゲーテの恋 ?君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」? [DVD]

 
若きウェルテルの悩み (岩波文庫)

若きウェルテルの悩み (岩波文庫)