読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dramaticlife-japan’s blog

ドラマティック・ライフは、「自己啓発セミナー」×「レイキ」の教えを融合させたオリジナルセミナーを定期的に開催しています。

Back to the … Now!

今日は… 人物 映画

f:id:dramaticlife-japan:20150702161239j:plain

【現実を見据えつつ、好きなことに打ち込む。

  結果がついてきたら、ラッキー。

    そう思って前を向き続ける人生もまた、

             素敵ではないでしょうか。】

 

 今日7月3日は、映画字幕翻訳家として知られる

戸田奈津子さんの誕生日です。

 

1936年生まれなので 79歳になられた訳ですが、

いまも現役でお仕事を続けられているのは、

何より “好きなこと” だからなのかもしれません。

 

初めて字幕の仕事をされたのが1970年… 

それから45年もの間、英語の映画と日本人とを繋いで来てくださったんですね。

 

一方で、彼女の字幕には誤訳が多すぎるといって苦情も多いと聞きます!! 私は良い意味で、時代の流れなんだなぁ…と感じます。

 

きっと仕事を始められた頃は、仮に誤訳があったとしても、それに気づく人は少なかったでしょうし、“正確さ” よりも洋画を楽しめる喜びの方が大きかったと思うのです。けれどいまは英語が堪能な方が増え、より “正確” で質の高い日本語への翻訳が要求されるようになったのでしょうね…

 

ただ私は、彼女が日本の映画界に多大なる貢献をしてくださったことに心から感謝しています。彼女の翻訳された多くの作品を観て、そこから感動や笑いやスリルといった豊かな時間を得ることが出来たのですから…

 

冒頭の言葉は、ただ好きなだけじゃなく、“現実を見据えつつ” と加えられているところから、長きに渡り現役で活躍されてきた彼女から次世代の方たちへの愛が込められていると感じました。

 

そして奇しくも1985年の今日は、彼女が字幕担当された作品のひとつ「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が劇場公開された日。さらに今年2015年は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2」 で設定されていた未来の年なんだそうです!!

 

もう30年が過ぎたんですね ( ̄∇ ̄;)  !!!

つくづく… 私たちは過去から未来を創って生きているって実感します。。。

 

Back to the Future: 1, 2 & 3 [Blu-ray] [Import]

Back to the Future: 1, 2 & 3 [Blu-ray] [Import]