読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dramaticlife-japan’s blog

ドラマティック・ライフは、「自己啓発セミナー」×「レイキ」の教えを融合させたオリジナルセミナーを定期的に開催しています。

こんな映画は初めてでした!

f:id:dramaticlife-japan:20160629181305j:plain

 
【最初はみんな彼を笑っていた… あの時と同じだよ】
 
こんな映画は初めてでした!
 
いままで映画の登場人物に共感することは
多々ありましたが、この「帰ってきたヒトラー」は、
共感ではなく、私自身が感じて考える 
…という、不思議な映画!!
 
 
 
ヒトラーと聞けば誰もが20世紀最大の極悪な独裁者だと思うように、私自身もそう思い、
疑いもしませんでした。
 
なのでずっと、
「何故、当時のドイツの人たちは、あんな人物を総統に選んだのだろう?」
 
という疑問が消えなかったのですが、映画を観て、やっとその答えが解りました。
 
 
この映画は、自殺したはずのヒトラー現代社会に蘇る
…という、あり得ない設定のコメディタッチで始まります。
 
 
映画の中で蘇えったヒトラーは、過激な発言をしながらも、良い社会に変えて行くというビジョンが
明確で、自信とエネルギーに満ち溢れ、しかも人心を掴むユーモアを持ち合わせていました。
 
「きっと彼ならこの困難な現状を変えてくれるに違いない…」
 
 
そんな期待を抱いてしまう人物に見えてきたとき、ナチスによって自分以外の家族を皆殺しにされた
ユダヤ人の老婆が言います。
 
「彼は本物だよ。」
「最初はみんな彼を笑っていた… あの時と同じだよ。」
  
その言葉を聞いた瞬間、私は自分がヒトラーを好意的に見ていることに気づき ゾッとしました!
 
 
ホロコーストという歴史上もっとも残虐な過ちを、私はずっと
ヒトラーという独裁者のせいだと思ってきました。
 
けれどそれは大きな間違いで、
彼を選んだ国民一人ひとりに責任があり、同じことが現代社会でも簡単に起こり得るということを
この映画に教えられました。
 
 
そして、もしこの時代にドイツで生きていたなら、私も同じ過ちを犯してしまっていたに違いない…
 
そんな愚かな自分を見つけたときに、
この映画は人の中に潜む怖さを見せるホラーなんだと気づきました!!

 

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

 
帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)

帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)