読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dramaticlife-japan’s blog

ドラマティック・ライフは、「自己啓発セミナー」×「レイキ」の教えを融合させたオリジナルセミナーを定期的に開催しています。

反歌に込められた想いは?

f:id:dramaticlife-japan:20170417195759j:plain

 
散ればこそ
いとど桜はめでたけれ
憂き世になにか 久しかるべき
 
前回の投稿の、
「桜などなければ心穏やかでいられるのに…」
という歌に対して、こんな反歌が詠まれました。
 
桜は散るからこそ、より美しく感じるのです。
不変のものなど一つもない、この世界と同じように…
 
と、やはりこの歌も
素直に桜について詠んでいるようにも、
 
出会いや別れを繰り返す人との関係にも、
人の命について詠っているようにも受け取れます。
 
 
 
生きることは、時に煩わしく
心穏やかな暮らしを望んでしまうこともあるけれど、
全てが変わりゆくこの世界で、
感情を一定に保ち続けることが出来る人など
果たして存在するのでしょうか?

どうせ変わりゆくものならば、
いっそ精一杯、感じて生きてみましょうよ。

あなたがいま感じている、悲しみの感情も、
季節とともに変わっていくものなのですから…。
 
私はこの歌の中に、
こんな優しい応援歌のような響きを感じました。
 
 
❀❀❀❀❀❀❀❀❀
次回の開花コース
4月30日(日)10:00
Facebook 開花コース
❀❀❀❀❀❀❀❀❀