読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dramaticlife-japan’s blog

ドラマティック・ライフは、「自己啓発セミナー」×「レイキ」の教えを融合させたオリジナルセミナーを定期的に開催しています。

So In Love …さまざまな愛のかたち

f:id:dramaticlife-japan:20150609011908j:plain

 

【私があなたを愛するのと同じように

        私を愛する必要はないわ】 

You don't have to love me

        the way that I love you

 

このセリフは、1891年の今日6月9日に生まれたコール・ポーターの半生を描いた映画「五線譜のラブレター」(原題DE-LOVELY)の中で、アシュレイ・ジャッド扮する妻リンダのセリフです。

 

コール・ポーターは映画やミュージカルの音楽を担当し、そこからヒットした曲を含め、

今でもJAZZのスタンダード・ナンバーとして愛されている曲を多く作詞作曲しました。

 

彼が生涯で約870もの曲を制作したと聞けば、特別な才能があったことは明白ですが、

これほどまでに成功した理由のひとつには、間違いなく妻リンダの存在があったから…ということが

映画を観ていると痛いほどわかります。

 

通常私たちは相手に対して自分と同じか、それ以上の愛を求めてしまうものかもしれません。

けれどリンダは、“その必要はない” と言い、そのオリジナルの愛を貫いていきます。

 

私はJAZZをよく知らないので、映画のタイトルを見て

単に音楽家のラブストーリだと思っていたのですが、二人の “普通の夫婦” ではない関係が、

“風変りだけど心を打つ” ラブストーリーになっています。

 

またミュージカル的な映画の演出も魅力的で、要所要所で彼の曲

(…聞いたことあるなぁって曲が結構ありました)を、

有名なシンガーたちがさり気なく歌ってくれたりして… 

ホント舞台を観ているような贅沢な時間でした☆

 

 

「私があなたを愛するのと同じように私を愛する必要はないわ」

 

この、妻リンダの愛に対して、コール・ポーター役の

ケヴィン・クラインが歌う “So In Love” が深く心に沁みました…

 

So taunt me and hurt me
Deceive me, desert me
I'm yours 'til I die
So in love
So in love
So in love with you, my love, am I

 

 

 “嘲られても 傷つけられても 

 裏切られても 捨てられても

 死ぬまで僕は君のもの

 それほどまでに

 それほどまでに

 それほどまでに君を愛している”

 

 

 

 

De-Lovely

De-Lovely