読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dramaticlife-japan’s blog

ドラマティック・ライフは、「自己啓発セミナー」×「レイキ」の教えを融合させたオリジナルセミナーを定期的に開催しています。

Make it a better place -もっといい世界を創ろう-

今日は… 人物 映画 音楽 孤独について

f:id:dramaticlife-japan:20150625013352j:plain

【もっといい世界を創ろう、君と僕のために。】

 

Make it a better place for you and for me.

 

 

今日、6月25日はマイケル・ジャクソンの命日です。

5歳の頃から歌い続けたキング・オブ・ポップ

2009年に50歳でその生涯を閉じました。

 

冒頭の言葉は、私が大好きな曲

「Heal The World」の歌詞です。

 

 

“地球の命を傷つけることはやめて、愛で癒し、もっと良い世界を創ろう!”

そんな大きな愛を歌ったこの曲は、今から24年も前に発売されたアルバムの中に入っています。

 

2001年のあるインタビューで、

「もし残りの人生で一曲だけしか歌えないとしたら、どの曲を選びますか?」という質問に対して、

真っ先にこの曲を選んだというエピソードからも解るように、

彼自身にとっても特別な思い入れがある曲でした。

 

 

私は生前、彼の姿がテレビに映るたびに、彼の中にある “孤独” を感じずにはいられなかったのですが、それは彼が29歳のときに書いた自伝書「ムーン・ウォーカー」に “成功は確実に孤独をもたらす” と書かれていたことから、彼自身もはっきりと認識していたことがわかります。

 

けれど、その本にはこんな風にも書かれています。

 

「先日ある人が、僕に幸せかと尋ねました。僕は完全に幸せだとは思っていません。なかなか満足することが出来ない人間だからです。

けれど同時に、どれほど感謝しなくてはならないかということはわかっています。自分が健康であり、また家族や友達の愛に包まれているということに、心から感謝しているのです。」

 

幼少の頃からの “成功” し、常に “孤独” を抱えて傷つきながら生きてきた彼だからこそ、

大きなの愛を与える人になれたのかもしれません。

  

誰の中にも存在する “孤独”。 そして深く残る “傷跡”。

そこから目を逸らさず受け入れることこそが、“もっといい世界” への扉なのかもしれません。

 

「すべては許すことから始まるんだ。

  世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから。」