読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dramaticlife-japan’s blog

ドラマティック・ライフは、「自己啓発セミナー」×「レイキ」の教えを融合させたオリジナルセミナーを定期的に開催しています。

宇宙へ旅立った犬たち

今日は… 映画

f:id:dramaticlife-japan:20150722173938j:plain

 

スプートニクに乗って、宇宙に飛ばされたライカ犬

 ことを思えば、 僕の不幸なんてちっぽけなモノだ。】

 
 
1951年の今日7月22日、当時のソビエト連邦
2匹の犬を乗せたロケットが打ち上げられました。
 
宇宙を初めて旅したこの犬たちは幸い無事生還したのですが、その後も宇宙開発のために犬を乗せた実験は繰り返され、その中には亡くなった犬もいたそうです…
 
 

この話を聞いて思い出すのは、学生の頃に親友と観に行ったミニシアター系の映画

マイライフ・アズ・ア・ドッグ」で、主人公が言っていた冒頭の言葉です。

 

スプートニクに乗って宇宙に飛ばされたライカ犬のことを思えば、僕の不幸なんてちっぽけなモノだ…

 

 

主人公の男の子、イングマルは結構大変な人生を歩いているのですが、辛いことがあっても

“それでもあの犬よりマシだ!” って思うことで自分を慰めているんですね。

 

で、“あの犬” というのが、ソ連の宇宙犬のことで、中でも実験のために心臓と脳に反応を調べるためのワイヤーを付けられた状態で宇宙へ打ち上げられ、食べ物がなくなるまで地球を5ヶ月回って

餓死した犬  …という設定に、映画の中ではなっています。

 

 

この映画自体はこれでとっても良かったのですが、ただ実際自分の人生の幸せを考えるときには、

こうして何かや誰かと比較することで感じる幸せというのは、一瞬だけしか自分を満足させてはくれないように思います。

 

「あの人よりは “マシ” な人生を歩んでいる」

そんな風に思っていると、いつしか知らないところで自分も、そんな

“あの人” になっているかもしれないのです…(((゚Д゚; ) !!

 

では、本当の意味で自分の人生を幸せにするためには…??

 

“本当に自分の心の声を聴いて生きていくこと”

 …ありきたりな答えですが、それしかないように私は思います。