読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dramaticlife-japan’s blog

ドラマティック・ライフは、「自己啓発セミナー」×「レイキ」の教えを融合させたオリジナルセミナーを定期的に開催しています。

No More … 

今日は… 映画 想うこと

f:id:dramaticlife-japan:20150716165613j:plain

【キリストもユダヤ人だから、

       生きていたら黄色い星を付けてた…】

 

1942年の今日7月16日は、フランス政府がナチス

荷担して行なった、史上最大のユダヤ人一斉検挙

ヴェル・ディヴ事件があった日です。

 

この日の未明からユダヤ人は年齢や性別、健康状態に関係なく一斉に約 1万3000人が検挙され、

エッフェル塔近くにあるヴェロドローム・ディヴェールという冬季競輪場に押し込められました。

 

水も食料も与えられないまま一週間近く放置された後、絶滅収容所に送られたので、検挙された中で

終戦まで生き延びた人はわずか数十名だったそうです。

 

そして、この事件を映画にしたのが「黄色い星の子供たち」で、冒頭の言葉は映画の中の子供たちの

会話に出てくるセリフです。

“黄色い星” というのはユダヤ民族を象徴する “ダビデの星” の形をした黄色いワッペンのことで、

ナチス占領下のパリでは、ユダヤ人が一目でわかるように、胸にこの印を付けることが義務付けられていたのです。

 

ホロコーストの映画の感想で、「ナチスはどうしてこれほど酷いことが出来たのだろう…」

「人として、心が痛まなかったのだろうか…」

ということを言われる方がいますが、私はその受け取り方こそ 危ういと感じます。

 

ナチス” だけがたまたま恐ろしい集団だったのではなく、私たちも “戦争” が始まってしまったら

人権などなくなり、命令に従って「殺すか」、命令に背いて「殺されるか」のどちらかしか

無くなってしまう集団の一人だということです。

 

そして多くの人は生き残るために 命令に従って「殺す」ことを選び、やがて人を殺すことへの

痛みを感じないように心が麻痺していく

…これこそが集団で人を殺そうとする “戦争” の怖さだと思うのです。

 

さらに、この事件から3年後の1945年の今日、アメリカのニューメキシコ州にあるトリニティ実験場で

世界初の核実験が行われました。

広島では14万人、長崎では7万人の犠牲者が出た原爆は、実験から1ヶ月も経たないうちに

投下されたのです。

 

私たち日本人はいま、まさにこの “戦争” と “平和” の分岐点に立っています。

あなたは、この時に何を選択しますか??

 

 

映画の中で、なぜ自分たちが迫害を受けるのかわからない子供が呟きます。

 

 「ぼくたち、大人になれるのかな?」

黄色い星の子供たち [DVD]

黄色い星の子供たち [DVD]